四代目店主のブログ

2016年3月16日

畳の雑巾がけ


こんばんは~!4代目です。

畳を替えると、初めにしなくてはならない作業。
それが、畳の雑巾がけ。

では、何故雑巾がけをしなくてはならないのか…

畳表の原材料である「い草」。田んぼで成長した物を刈り取った後に「染土」(せんど)と呼ばれる物の中に入れます。言うなれば、泥染めです。

草と言うくらいですので、初めは緑色をしているんです。

 

 

これですね。

これを泥染めする事により、皆さんがよく見る青い?黄緑色?の畳表になるんです。

 

 

こんな感じです。

この染土は、い草の日焼けを遅めるのと、い草をコーティングする意味があるんです。

染土は、そこらにある茶色い土の泥ではなく、黄緑色?っぽい色をしたもので、もともとはパウダー状のものです。

つまり、製品となった新しい畳表にはこのパウダー状の物が付いているので、手で触った時に白っぽい物が手に付くんです。

これが服に付くから皆さん、雑巾で拭かれるんですよね~。

その面倒なった拭き掃除、当店ではお店で雑巾がけわしてから納品しております。

とは言いましても、折角い草をコーティングしてあるものです。

あまり拭き過ぎも良くありませんので、程よく拭いて納品いたします。

 

 

岐阜で畳、襖、障子、網戸の事なら!
有限会社南谷畳店
岐阜市正木1978-81
☎︎058-232-7475
お気軽にお電話ください!

南谷畳店へのお問い合わせ 南谷畳店へのお問い合わせ

〈お見積りに関して〉
当社では、現地調査、お見積りは無料ですが、お仕事をさせて頂く前提でお伺い致します。現地に伺ってのお見積りのみの場合は有料となります。また、有料駐車場を使わせて頂く場合は、お客様負担となりまので、予めご了承ください。